iPhoneにMagSafeでくっ付くSSD「MagDrive」が登場!Apple ProRes形式も直接保存が可能

iPhoneにMagSafeでくっ付くSSD「MagDrive」が登場!Apple ProRes形式も直接保存が可能

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

MagSafeに対応したSSDストレージ「MagDrive」が発売されました。

iPhoneの背面にMagSafeで装着できる外付けSSD

iPhoneにMagSafeでくっ付くSSD「MagDrive」が登場!

MagDrive

「MagDrive」は最初見た時はMagSafe対応のモバイルバッテリーかと思ったらまさかのポータブルSSD。

iPhoneにMagSafeでくっ付くSSD「MagDrive」が登場!

インターフェイスはUSB Type-Cで転送速度は20Gbpsで、512GBと1Tの2モデルが用意されています。

本体のサイズは148×42×17mmで重さは約80g。

iPhoneなどで動画を撮影する時に気になるのがiPhone内のストレージの容量ですが、この「MagDrive」ではApple ProRes形式での動画撮影中にそのまま直接保存することが可能となっています。

とはいってもMagSafeはデータの転送などはできないので、USB Type-C経由でiPhoneと接続して保存する形となります。

バスパワー仕様なのでWindowsやMacにもすぐ接続できるし、iPhoneでクラウドではなくローカルでデータを持っておきたい、動画撮影で撮影中に容量気にせず撮影したいという人に良さそうなポータブルSSDですね。

ちなみに自分はMacでバックアップなどに使っている外付けSSDはバッファロー使っていますが、軽いし転送速度も悪くないし重宝しています。