ついに日本でもApple Watchの心電図アプリがwatchOS 7.3から利用可能に!

ついに日本でもApple Watchの心電図アプリが!

Apple WatchのwatchOS 7.3から心電図アプリが利用可能に

ついに日本でもApple Watchの心電図アプリがwatchOS 7.3から利用可能に!

心電図アプリケーションが、iOS 14.4とwatchOS 7.3のリリースによりApple Watch Series 4、5、6で日本で利用が可能になります。

この機能によって初めて消費者向け製品として、ユーザーが手首の上で心電図を記録することを可能にし、自分の心臓の健康について知りたいと思った時に心拍リズムを記録、重要な情報を医師に共有できるようになります。

また、Apple Watch Series 3以降で利用できる不規則な心拍の通知機能は、バックグラウンドで心拍リズムを時折チェックし、心房細動(AFib)の兆候がある不規則な心拍リズムを特定した場合に通知をします。

Apple Watchに心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能が登場 – Apple (日本)

日本のApple Watchでも心電図アプリなどが対応されるのをずっと待ってましたがようやく日本でも利用できるようになりますね。

対応するのはApple Watch Series 4、5、6で、Apple Watch SEには対応していません。

watchOS 7.3のリリース日はまだ不明ですが、watchOS 7.3RCがリリースされたので、リリースはそう遠くなさそです。

AppleのAR/VRヘッドセットは2022年に登場!?

AppleがARに関連するハードを開発しているという記事は以前から出ていますが、Bloombergによると、早ければ2022年にAR/VRヘッドセットが発表される可能性があと報じています。

コードネームは「N301」で、搭載されるチップはM1チップの性能を上回るものでファンも搭載されるとのこと。

価格は300ドル(約3万1000円)~900ドル(約9万3000円)と予想されています。

またこれとは別にARグラス「N421」も開発されているそうです。

来年ということでまだまだ先ですが、AppleがAR/VRハードを出すということで、どんなものになるか楽しみです。