iPad対抗の低価格なWindowsタブレット「Surface Go」が発表!スペックや価格情報など

Surface Go

マイクロソフトがiPad対抗の低価格なWindowsタブレット「Surface Go」を発表しました。

低価格で動くSurfaceシリーズの10インチWindowsタブレット

Surface Go

Meet Surface Go, starting at $399 MSRP, it’s the smallest and most affordable Surface yet

「Surface Go」のスペック

  • ディスプレイ:10インチ PixelSenseディスプレイ(1800×1200)
  • CPU:intel Pentium Gold 4415Y
  • RAM:4GB/8GBのRAM
  • ストレージ:64GB(eMMC)/128GB(SSD)/256GB(SSD)
  • カメラ:前面500万画素(Windows Hello対応)、背面800万画素
  • バッテリー:最大9時間
  • 重さ:約521g

ディスプレイは165度まで開くキックスタンド付きで、4096段階の筆圧を検知するSurface ペンにも対応。

CPUのPentium Gold 4415Yはあまり聞いたことないCPUですが性能的にはCeleron以上、i3以下ぐらいの性能みたいですね。

Surface Goの価格や発売日

価格はRAM4GB+64GBモデルが399ドル、RAM8GB+128GBモデルが549ドルとなっています。

LTEモデルは今年後半に出る模様。

7月10日から予約開始で8月2日に発売予定ですが、日本での予約開始日及び発売日はまだ未定で近日発表となりそうです。

持ち運びできるWindowsマシンとしては良さげですね。

 

追記:日本マイクロソフトが、Surface Goの日本版を発表しました!

日本では少し遅れて、7月12日に予約開始、8月28日に発売するそうです。

気になる価格は日本ではOffice付属で64,800円からとなっています。

  • 4GB/64GB(eMMC):6万4800円
  • 8GB/128GB(SSD):8万2800円

Office抜きも用意して欲しかったところですねえ。

また、Windows 10はSモードになっていますが無料で通常のWindows 10 Homeに切り替えられるそうです。