さらにパワーアップした、計算結果などをメモとしておける電卓アプリ「FusionCalc2」

FusionCalc2

計算結果などをメモとしておける便利な計算機アプリ「FusionCalc」の新バージョン「FusionCalc2」が出ました!

特徴はなんといっても、計算結果などを入力した数字を上にドラッグ&ドロップすると上にメモのようにおける機能!

FusionCalc2

FusionCalc2

さらに今回新機能として、長押しすると、コピー&ペーストが。

FusionCalc2

さらにダブルタップするとくるっと変化してメモ入力が可能に。

FusionCalc2

さらにそれをドラック&ドロップで計算エリアにもっていくと、削除かカート機能に放り込めます。

FusionCalc2

カート機能は放り込むと放り込まれた数字の合計が表示され、メニューアイコンを引っ張るとその内訳が表示されます。

FusionCalc2

FusionCalc2

僕的にはカート機能はそんなに必要ないのですが、何の計算だったかわかるメモ機能とかコピー&ペースト機能は便利でいいですね。

スポンサーリンク

開発者が引退をかけたアプリ

このアプリを開発したリオ・リーバスさんですが、アプリ開発の引退も考えてるそうです。

アプリ開発引退をかけた渾身の新作!FusionCalc2をリリース!〜これで駄目なら俺は辞めるぞ!〜

なお、今回のアプリはとりあえずは「無料版」のみのリリースとさせて頂きます。これがアプリ開発者として最後の作品になる可能性があるため、無責任に有料版を出したくないというのが理由です…。
iPhoneアプリ開発を始めて5年、それなりのヒットや話題作を作る事ができ、国連主催のイベントで賞を頂くというような光栄な事もありましたが、なんだかんだとギリギリの生活がずるずる続いていたところもあります。これまで何度も引退を考えた事はありましたが、次こそは、次こそは、と妻を説得しながら家族にだいぶ苦労をかけながら開発を続けてきました。

(詳しくは妻のブログをどうぞ:iPhoneアプリ開発者の妻になるまで。)
妻とは30歳までに結果が出せなければ辞めると約束をしていましたが、ちょうど30になった去年「MagicReader」というアプリがテレビやメディアで取り上げられ話題になり、Yahoo!JAPAN インターネットクリエイティブアワード 2012のノミネート作品に選ばれたり、国連主催のWSAアワードを受賞したりと、なかなか辞めるに辞められる状況ではなくなりました(^^;; そこでなんとなくあと一年だけ伸ばそうという流れになって今に至るわけですが、男としてのケジメもあるので、30のうち、つまり31になるまでをタイムリミットと決めて今回のFusionCalc2を開発しました。

僕は有料版だった「FusionCalc+ 魔法の電卓」を愛用しているのですが、他にも色々な電卓アプリがある中選んだのは、やはりドラッグ&ドロップで、計算結果を付箋のようにおける機能でした。

電卓アプリって腐るほどありますけど、機能があるものだと関数電卓機能があるぐらいでそれならデフォルトの電卓で十分だと思っていたのですが、このFusionCalcと出会った時に、シンプルでありながらなんて革新的な機能なんだ!と思いました。

「FusionCalc2」はベースは変わらず、より便利になっていて電卓アプリとしては一番にオススメしたいアプリです。

無料版だとやっぱりバナー広告が気になるので、引退せず、有料版も出して欲しいですねえ。

FusionCalc2 2.0.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Studio Loupe – Leo Rivas-Micoud(サイズ: 4.7 MB)