iOS版「GarageBand」がついにiPhone/iPod touchにも対応したので試してみた!

iOS版「GarageBand」

アップルの音楽制作ソフトiOS版「GarageBand」は今までiPadのみ対応でしたが、ついにバージョンアップしてiPhone/iPod touchにも対応しました!

今回のバージョンアップでの新機能は以下のとおり。

• ユニバーサルApp化されました。iPad、iPhoneおよびiPod touchで使用できます。
• Smart Instrumentsでカスタムコードを作成できます。
• 3/4拍子と6/8拍子がサポートされています。
• 曲のキーを、元の録音データをトランスポーズすることなくリセットできます。
• 曲のトランスポーズを半音単位またはオクターブ単位で実行できます。
• 録音のクオンタイズに、ストレート/3連符/スウィングのオプションを追加しました。
• オーディオ書き出し時の品質設定に、新たにAACおよびAIFF(非圧縮)を追加しました。
• Smart Keyboardでアルペジエータを使用できます
• Touch Instrumentsでベロシティ設定を変更できます
• 自動フェードアウト機能などの多くの機能を新たに追加し、オーディオの読み込み時のオプションを向上しました。

iPhone/iPod touchへの対応の他にも新たな拍子のサポート、Smart Keyboardでのアルペジエータが使用できるようになるなど、色々便利になっています。

僕は既にiPad版を持ってたので新たに購入することなく、そのままインストールしました。

定番のピアノから

GarageBand ピアノ

ギターやベースもiPhoneで気軽に弾けちゃいます。

iPadよりもむしろiPhoneのほうがコンパクトで弾きやすいですね。(僕はギター系は弾けないですけど適当にやってても面白い)

GarageBand ギター

GarageBand ベース

ドラム

GarageBand ドラム

Smart Drumsではグリッドにドラムを配置してビートが作成できます。

Smart Drums

Smart Drums

サンプルソングも再生してみましたが、処理落ちは一切ありませんでした。

GarageBand サンプル曲

iPhoneとAndroidとの大きな差の一つはやっぱり音楽ソフトの充実度・完成度だと思うんですが、「GarageBand」は改めてそれを感じさせるソフトですね。

僕はギターとかベース弾けないんですが、でもiPhoneの「GarageBand」を使ったギター・ベース講座とかあったら学んでみたいですねえ。

ネットとかで誰かやってくれないかなあ。

GarageBand – Apple

GarageBand - Apple