ソニーがウォークマンのOSにGoogleの「Android」を採用することに

ソニー、ウォークマンのOSに「アンドロイド」を採用へ
 ソニーがウォークマンのOSにGoogleの「Android」を採用、2010年に製品化するとのこと。

同社はソフトウエアプラットフォームの共通化を進めており、広範囲な携帯機器で同OSを活用するとみられる。オープンな標準ソフトの利点を生かし、開発期間の短縮や、機器の操作性向上で同市場首位の米アップルを追撃する。携帯電話端末以外でのアンドロイド本格採用は初めてで、今回のソニーの選択がデジタル家電向けOSの勢力図に影響を与えるのは必至だ。

ベースはAndroidでもその上にソニーらしいインターフェイスやソフトが搭載される形になるんでしょうね。

家電向けや組み込み向けのOSとしてTRONやLinuxなどがありますが、今後この市場でもAndroidを採用するところが増えてきそうですね。