NAMMでKORGが「KRONOS」、M-Audioがとんでもないシンセを出してくるらしい!

2011 NAMM Show

2011 NAMM Show | NAMM.org

毎年1月といえばシンセや楽器ファンには注目のNAMMが今年もやってきますねー!

今回の注目はやっぱKORG!

ということで、今回は「KRONOS」なる楽器(シンセ?)を発表するらしい。

KRONOS

KORG INC.

新型のシンセなのか、それともカオシレーターやELECTRIBEのような楽器なのか、KORGファンとしてはかなり気になりますね。

「KRONOS」が時間の神、クロノスとかけているなら、LinPlugのソフトシンセ「 CronoX3 」の音の再生速度を操れるタイムサンプラー機能やローランドのV-Synthのバリフレーズ機能みたいな機能を搭載したシンセや楽器なのかも、とか想像してみたり。

まさかOASYSの後継機種?

うーんワクワクしますね。

そして、M-Audioもこれまた自身満々のコピーが。

M-Audio

M-AUDIO

新しく出るシンセは49鍵で12ボイスのバーチャルアナログシンセらしいです。

M-Audioというと、なんか僕はMIDIキーボードというイメージなんですが、シンセを出すということで、どんなシンセなのかこっちも楽しみ。

後はローランドとヤマハですが、ここ数年微妙ですからなあ(^^;

そろそろローランドには新型のV-Synthとか出てほしいところですが。

あ、あとそういえばスウェーデンのTeenage Engineeringが作ってた OP-1 はどうなったんだろう。

本当なら去年リリース予定だったんですが、今回のNAMMで展示されるかな?