M1 Pro/Max搭載MacBook Proのベンチマークスコアまとめ Radeon Pro W6900Xを上回るスコアも

MacBook Pro

ついに発売となったM1 Pro/Max搭載MacBook Proですが、ベンチマークスコアや他との性能比較も徐々に出始めてるようです。

GeekBenchのベンチマークスコア

CPU性能のベンチマーク

モデル・チップシングルコアマルチコア
M1 MacBook Pro (13インチ Late 2020) 8コアCPU/8GB RAM 17057382
M1 Pro 8コアCPU/16GB RAM17679948
M1 Pro 10コアCPU/32GB RAM174312200
M1 Max 10コアCPU/64GB RAM173812447

GPU性能のベンチマーク

モデルOpenCL
AMD Radeon Pro 5600M44942
M1 8コアCPU/8コアGPU19000
M1 Pro 8コアCPU/14コアGPU34155
M1 Pro 10コアCPU/16コアGPU38359
M1 Max 10コアCPU/32コアGPU60167

Rosetta 2を使用してもMicrosoft Surface Laptop Studioと同等の性能

Adobe Premier Proで8KのビデオレンダリングをM1 Maxで試したところ、マイクロソフトのSurface Laptop Studioとほぼ同等の処理時間だったようです。

もしネイティブ化したらさらなら高速処理が期待されますね。

Radeon Pro W6900Xを上回るスコア

デザインソフト「Affinity」シリーズを開発しているSerif Labsが、M1 Pro/Maxチップへの最適化も行ってるようで、M1 MAXで計測したところ6000ドルするRadeon Pro W6900Xを上回るスコアとなりました。

インテルのモバイルプロセッサ「Alder Lake Core i9 12900HK」がApple M1 Maxを上回る

インテルのモバイルプロセッサ「Alder Lake Core i9 12900HK」

その一方でインテルの次期モバイルプロッサ「Alder Lake Core i9 12900HK」はApple M1 Maxを上回るスコアが出てるようです。

Alder Lake Core i9 12900HK
Intel Alder Lake Mobility CPU Benchmarks Leaked: Faster Than The Apple M1 Max, Smokes AMD 5980HX, 11980HK

Alder Lake Core i9 12900HK

とはいえ、AppleはOSとも最適化された設計になってるので単純なスコアでは上回りますが、実際の処理などではまた違ってきそうです。