2021年のiPad miniは8.4インチ大型化、ミニLEDディスプレイ搭載iPad Proは12.9インチモデルのみ?

iPad mini

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)からの情報によると、今年2021年に登場する新型iPad miniは8.4インチにディスプレイが大きくなるかもしれません。

新型iPad miniはベゼルが細くなり、7.9インチから8.4インチ大型化か

中国サプライヤーの情報として、新型iPad mini (6th Generation)は、iPad Airと同じように狭額縁仕様となり、7.9インチディスプレイから、8.4インチディスプレイに変わるとしています。

また、Touch ID、Lightningポートを継続採用でiPad同様のデザインが統一されるようです。

他のモデルがベゼルを細くすることでディスプレイを大型化したりしていますが、iPad miniでも同様なアップデートされるのは可能性として高そうですね。

現在第1世代のApple Pencilに対応していますが、次のモデルは第2世代に対応sるのかもちょっと気になるところです。

ミニLEDディスプレイ搭載iPad Proは12.9インチモデルのみの可能性

また、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、これも中国サプライヤーの情報として、ミニLEDディスプレイの搭載に関しては、iPad Pro 12.9インチモデルのみ0.5mm厚みが増すため、12.9インチモデル用のオプションかもしれないとのこと。

他にも筐体デザインは変わらずですが、サウンド回りの見直しが行われるそうです。

自分は初代のiPad Pro 12.9インチモデルを使っていて、次の新型モデルで買い替えたいと考えていますが、ミニLEDディスプレイだと価格が上がるという話が出ていたりするので、そこも気になるところですね。

他にも新型のiPad Pro発表時に、新型のApple Pencilや新型Magic Keyboardも出るというウワサがあるので、発表が楽しみですねえ。