iPadOS 14ではマウス機能がより実用的に、Apple Pencilでは文字の手書き入力が可能に!?

iPadOS 14

iPadOS 14

今年リリース予定となる「iPadOS 14」(iOS 14)ではマウス機能やApple Pencilがより便利になりそうです。

ポインターの切り替えや、右クリックなどマウスがより本格的に利用可能に

9to5Macが入手したiOS 14のコードを調べたところ、矢印のカーソルがブラウザのリンク上にある場合は指のマークに変わる、Macの2本の指でタップして右クリックする、Macでのマウスやタッチパッドと同じような機能が利用できるようになると報じています。

さらにタップしてクリック機能もあり、2つの新しいSmart Keyboardモデルとされる識別子も見つかっているそうです。

トラックパッド搭載のSmart Keyboardをアップルが開発しているというウワサも以前からありますが、その可能性を裏付けるものになりそうです。

Apple Pencilで文字の手書き入力が可能に?

MacRumorsによるとiOS 14ではPencilKitでテキスト入力フィールドにテキストを手書きできる機能が追加され、文字認識でテキストに変換されるようになるとのこと。

また、「Magic Fill(マジックフィル)」という図形を描ける機能も開発しているようです。

手書きなどではSamsungのGalaxy Noteがありますが、それに対抗するような機能が搭載されることが期待されます。iPhoneでも使えるようになると嬉しいんですけどね。

他にも9to5Macによると、iOS 14ではApple製らしきヘッドフォンのアイコンが見つかったそうで、ワイヤレスイヤホンのAirPods、AirPods Proのヘッドフォン版が出るかもしれません。

ヘッドフォン

watchOS 7では睡眠トラッキングに対応

そしてまたまた9to5Macによると、iOS 14のコードから文字盤「Infograph」と「Infograph Modular」に加えて新たに「Infograph Pro」が追加され、移動時間に基づいて速度や距離が測定できるタキメーターが表示できるようになるとのことです。

そして睡眠トラッキング機能も搭載されるようで、もし実装されれば起きるタイミングも計測して起こしてくれる目覚まし時計機能などが今後搭載されるかもしれません。これは期待!

今年のアップルはiPhone、iPad、iOSと期待できそうで楽しみです。