macOS 10.15 Catalinaのアップデート通知を非表示にする方法

macOS 10.15 Catalinaのアップデート通知

macOS 10.15 Catalinaのアップデート

macOS 10.15 Catalinaがリリースされて入れたいところですが、不具合が色々出ていてまだ更新は保留しています。

ただ、更新しないとmacOS 10.15 Catalinaのアップデート通知が毎日来て、うっかりアップデートしそうになるので、その通知を非表示する方法をご紹介。

「softwareupdate」コマンドを利用してCatalinaのアップデート通知を非表示にする方法

Catalinaのアップデート通知を非表示にするにはいくつか方法があるみたいですが、「softwareupdate」コマンドで以下を実行すると通知を非表示にすることができます。

softwareupdate --ignore "macOS Catalina"

通知を戻したい場合はこのコマンドで解除できます。

softwareupdate --reset-ignored

ちなみに下記のようなコマンドを入れるとターミナルからアップデートを確認できたり、

softwareupdate -l

すべてをアップデートする場合は以下のコマンドでアップデートできたりと「softwareupdate」コマンドを使ってターミナルからアプリのアップデートをすることが可能です。

softwareupdate -i -a

コマンドオプションはmanコマンドで参照できます。

man softwareupdate
manコマンド