Officeが最大80%高速化!「Sidecar」にも対応予定の「Parallels Desktop 15 for Mac」がリリース

Parallels Desktop 15 for Mac

Parallels Desktop 15 for Mac

ParallelsがWindowsやLinuxなどをMacで実行できる仮想化アプリ「Parallels Desktop 15 for Mac」をリリースしました。

「Parallels Desktop 15 for Mac」の新機能

Mac で Windows を実行 — Parallels Desktop 15 Virtual Machine for Mac

今回のバージョン15では今秋リリース予定のmacOS 10.15 Catalinaに合わせていくつもの機能がバージョンアップされています。

iPadが外部ディスプレイになる「Sidecar」をサポート

Parallels Desktop 15 for Mac「Sidecar」対応

Parallels Desktop 15ではmacOS 10.15 Catalinaで利用できるiPadが外部ディスプレイになる機能「Sidecar」をサポート。

iPadに仮想マシンを表示したり、Apple Pencilを使ってWindowsを操作することも可能!

スクリーンショットの連携や、Windowsパスワードをキーチェーンに保存するなどの連携の強化

さらにMacからのスクリーンショット機能からWindowsに画像を送ったり、WindowsのパスワードをMacのキーチェーンに保存したりなど、MacとWindows間のシームレスな連携がより強化されています。

API「Metal」を利用してDirectX 11までをサポートし、その他のも強化

今までDirectX 10までサポートしていましたが、今回OpenGLからAppleのグラフィックAPI「Metal」を利用してDirectX 11までをサポート。

Parallels Desktop 15ではDirectX 11までをサポート

これによってAutodeskのCADアプリやDirectX 11対応ゲームも遊べるようになるようです。

また、Parallels Blogによると、マイクロソフトのOfficeが最大80%高速化、3Dグラフィックも最大15%高速化したとのこと。

Windowsとの利用だけでなく、macOS Catalina 10.15では32bitアプリが利用できなくなりますが、macOSもインストールできるので、macOS Mojave 10.14をParallels Desktop 15にインストールすれば、Catalinaにアップデートしても、仮想マシンに入れたMojaveから32bitアプリを動かすなんてことも可能です。

「Parallels Desktop 15 for Mac」の価格

「Parallels Desktop 15 for Mac」の価格は新規ライセンスが8,345円、アップグレードが5,204円となっています。

ProおよびBusinessの年間契約のサブスクリプションの場合、9,818円/年、アップグレードの場合は5,204円/年となっています。