待望のApple Pencil対応!新型iPad miniが最新のA12 Bionicを搭載して登場!

新型iPad mini

Appleが来週のイベントの前に待望のApple Pencil対応の新型iPad miniを発表しました。

本体デザインはほぼ変わらずも、待望のApple Pencilに対応

新型iPad mini

iPad mini – Apple(日本)

新型iPad miniでは廃止されつつあるTouch IDは継続でデザインにはほぼ変更はなし。

iPadみたいなタブレットなら個人的にはFace IDよりもTouch IDのほうがいいかなと思っているので、ベゼルレスによる液晶サイズのアップはないですが、悪くはないかなと。

そして何よりApple Pencilについに対応。

iPad miniのサイズこそメモなどApple Pencil向けだと思っていたので、ようやくのサポートは嬉しい限り、ただし対応するのは初代Apple Pencilになりますが、自分は初代IPad ProとApple Pencilなので、追加で買う必要がないです。

筆圧には対応していない「Logicool Crayon for iPad」も利用可能。

A12 Bionicチップを搭載し、iPad mini 4より最大3倍高速に

Neural Engine搭載のA12 Bionicチップを搭載、iPad mini 4より最大3倍高速になりました。

また、新型iPad miniのものと思われる「iPad11,2」のベンチマークスコアがGeekbenchに投稿されています。

iPad11,2 – Geekbench Browser

新型iPad mini

この情報からだとメモリーは3GBのようです。

性能的にはiPhone XRと同程度の性能のようです。

新型iPad miniのスペックと価格

新型iPad mini

カラーラインナップは「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド」の3色。

  • CPU:A12 Bionic
  • ディスプレイ:7.9インチ Retinaディスプレイ(2,048 x 1,536ピクセル)
  • ストレージ:64GBと256GB
  • メモリー:3GB(未確定ですが、ギーグベンチを元に)
  • カメラ:800万画素
  • サイズ:203.2mm x 134.8mm x 6.1mm
  • 重さ:Wifiモデル 300.5 g ・ セルラーモデル 308.2 g

また、新iPad mini / iPad Airはいずれも「eSIM」に対応。

価格はWiFiモデルが4万5800円から、WiFi+Cellularモデルが6万800円からとなっています。

セルラーモデルですが、ドコモ、ソフトバンク、auと共に3月30日に発売予定。

現在各キャリアとも予約受け付け中となっています。

追記:新型iPad miniの修理代金が公開されています。

iPad 修理 – Apple サポート 公式サイト

画面破損の場合、AppleCare+に入っていれば4,400 円、未加入で32,400円。

バッテリーはAppleCare+に入っていれば0円、未加入で10,800円となっています。

追記2:Amazonでも「iPad mini」「iPad Air」予約受付中!

iPad mini Wi-Fi 64GB – スペースグレイ
iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB – スペースグレイ
10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - スペースグレイ