良作だった!「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」見てきた

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

昨日ついに公開されたガンダム劇場版最新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」を見てきました!

一部ネタバレもあるので以降の記事注意!

スポンサーリンク

ガンダムUCの1年後を描いたユニコーンガンダム3号機「フェネクス」を巡る物語

U.C.0097――。『ラプラスの箱』が開かれて一年。ニュータイプの存在とその権利に言及した『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みが大きく変化することはなかった。

のちに『ラプラス事変』と呼ばれる争乱は、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の瓦解で終結したかに見えた。その最後の戦闘で、2機のフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツが、人知を超えた力を示す。 白き一角獣と黒き獅子、2機の脅威は、封印されることで人々の意識から遠ざけられ、忘れ去られるはずだった……。

しかし、2年前に消息不明となっていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せ始めた。金色の“不死鳥”……その名は、フェネクス――。

あらすじ|『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト

 

ニュータイプは死んで永遠となった魂とも話せる存在?よりオカルト感あるバトルに

感想としては色々あって書ききれないのですが、人間キャラの作画が微妙なところがちょいちょいあったのはちょっと残念でしたが、それぞれのキャラクターの描写も良かったし、戦闘シーンも激しく動く描写で熱かったです。

グリプス戦役とかガンダムの歴史に沿った形で、なるほどそことつながってたのかあと、歴代ガンダムシリーズ見ているとより楽しめます。

ちなみに逆シャアのシャアの演説も音声だけちょっとありましたが、エンドロールではシャアではなくクワトロ・バジーナになってましたw

今回の本編としてはフェネクス(不死鳥)という機体名がまさにテーマを表していて、人は肉体が滅んでも魂は残り、ニュータイプとはそことつながることができる存在のような感じでした。

前作のユニコーンも含めガンダムからνガンダムまでの人と人(スペースノイド)との大規模な戦争の要素がない分、戦闘もかなりサイコ的というかオカルト的な要素の強い戦闘になっていました。

ここは福井さん達のニュータイプ観でもあるんでしょうが、好みがわかれそうですね。

でも、90分の中でうまく詰め込めていたし、内容としても自分は満足な出来でした。

見ててやっぱ自分ガンダム好きだなあって改めて感じましたねえ。

 

ちなみに冒頭の23分はYoutubeにもアップされていて、前半の激しい戦闘描写は必見ですが、ぜひ劇場の大きなスクリーンで見てもらいたいです。

 

そして時は流れ、閃光のハサウェイへ

閃光のハサウェイ

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト

そしてエンドロールの後にはハサウェイのティーザー動画が。

結末は切ないけど、ずっとアニメ化して欲しかった作品だったので鳥肌が立ちました。

ティーザーを見る限りでは、かなり3DCG要素が強くなるのかな?という感じだったのが気になるところ。

ハサウェイ役はまだ発表されてませんが、今と同じ佐々木望さんでぜひお願いしたいですねえ。

 

入場特典はガンダムUC&NTの複製原画セット!

今回の入場特典はガンダムUCとNTのそれぞれ1枚ずつがランダムで封入される複製原画セット。

自分はユニコーンとゾルタンでした。

ゾルタン、ただの暴走キャラかと思いましたが、彼なりの思いもあってなかなかいいキャラでした。

ガンダムUC&NTの複製原画セット

ガンダムUC&NTの複製原画セット

ガンダムUC&NTの複製原画セット

 

小説 機動戦士ガンダムNT (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダムNT (角川コミックス・エース)

ROBOT魂 機動戦士ガンダムUC [SIDE MS] ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.) 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ROBOT魂 機動戦士ガンダムUC [SIDE MS] ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.) 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

HGUC 機動戦士ガンダムNT ナラティブガンダム A装備 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGUC 機動戦士ガンダムNT ナラティブガンダム A装備 1/144スケール 色分け済みプラモデル

narrative/NOISEofRAIN(期間生産限定アニメ盤)(特典なし)

narrative/NOISEofRAIN(期間生産限定アニメ盤)(特典なし)