AppleがMacのCPUをインテルから自社開発のARMベースに変更する動き

A11

ブルームバーグによると、AppleがMacに使用しているCPUをインテルから自社開発のCPUに変更することを計画しているそうで。

CPUの切り替えは2020年頃

■ Apple Plans to Use Its Own Chips in Macs From 2020, Replacing Intel – Bloomberg

関係者からの情報として、コードネーム「Kalamata」というプロジェクトが動いており、2020年頃に最初の採用がされる予定とのこと。

Macといえばかつてはモトローラ社のPowerPC採用していましたが、後にインテルのCPUを採用すると発表した時には衝撃でしたね。

ARMベースなら低消費ということで、バッテリーの持続も長くなるしいいかなと。

以前から言われてはいましたが、Mac上でiOSアプリを動かす検証などもやっているようで、徐々に移行させて最終的には垂直統合し、全てiOSとかになるかもしれませんねえ。