ゲーム向け超小型PC「GPD Win」の性能を強化した後継機種「GPD Win 2」が開発中!

GPD Win 2

小型ノートPC「GPD Pocket」などを開発しているGPDが、ゲーム向け超小型PC「GPD Win」の後継機種となる「GPD Win 2」を開発中で、来年クラウドファンディングを募るそうです。

「GPD Win 2」本体の外観

GPD Win 2

 

GPD Win 2

 

GPD Win 2

十字キーの配置の変更やキーボードも前よりも使いやすそうな構成になっています。

また、バイブレーションモーターも搭載する模様。

GPD Win 2

CPUがAtomからCore m3-7Y30に強化!

GPD WIN: A handheld game console that can run AAA games smoothly

「GPD Win」ではCPUAtomからCore m3となり遊べるゲームも増えるようです。

 サイトにはプロトタイプ機でのGTA5やベヨネッタが動作しているプレイ動画が公開されています。

GPD Win 2予定スペック

  • ディスプレイ;6インチ ゴリラグラス4(1280×720)
  • CPU:Core m3-7y30(Kaby Lake)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • バッテリー:4900mAh x 2(USB PD 2.0対応)
  • サイズ:162×99×25mm
  • 重量:460g 

2018年1月15日にIndiegogoでのクラウドファンディングを開始するそうです。

価格は詳細は不明ですが、キャンペーン価格で599ドル、通常販売価格は699ドルと「GPD Win」よりも高くなる模様。

出荷は2018年5月予定となっています。