「iPhone 6」は4.7インチと5.7インチ、「iPad Pro」は12.9インチで2Kと4Kの2バージョン!?

iPhone 6
(iPhone Softによるコンセプト画像)

「iPhone 6」はさらに大きくなるんでしょうかね。

C科技によると、Appleは次の「iPhone 6」では4.7インチと5.7インチの2バージョンになり、また虹彩認証のような新たな生体認証が搭載されると報じています。

4.7インチと5.7インチなんてスティーブ・ジョブズが知ったら激怒しそうですな。

現在の4インチぐらいを望んでいる人も結構いると思うのですが、Androidを意識してやはりiPhoneも大きくなっていく運命なんですかねえ。

もし出るなら4.3インチぐらいとファブレットとして5.7インチとかもう少し差をつけて欲しいな。

12.9インチと大型となる「iPad Pro」は4K解像度!?

INTERNATIONAL BUSINESS TIMESによると、大型となる「iPad Pro」は液晶サイズが12.9インチで、最初は2Kの解像度モデルがリリースされ、その後に4K解像度のバージョンがリリースされると報じています。

また、アイトラッキング機能も搭載されるらしいとのこと。

アイトラッキングはフロントカメラで利用者の視線を追尾する機能で、Kindle Phoneが搭載するとウワサされていますね。

4Kの解像度は凄いけど、映像とかそれに対応したものがまだまだ追いつかないと思うので、4Kは来年以降になるでしょうねえ。

色々なウワサが出ていますが、今年は「iPhone 6」がどんなものになるのか非常に楽しみにしています。